IMG_2984


「茶の湯」ではありません!
ここいら田舎の住宅地には
「お茶飲み」という文化がありまして


ご近所さん♀が集まって 
粗末な茶を啜り袋菓子を分け合い
その場にいないご近所さんの噂話


何の社会貢献も生産性もない
「不定期乱発型地域集会」


ある日
家の前を通りがかったご近所Aさん
庭掃除中の母を呼び止め、
「ご近所Bさんが建増してから
急に日当たりが悪くなってねぇ〜」
話しかけてきたそう


その瞬間、母は
「その手の話は聞きたくない」
家の中に入りドアを閉めたとか


母は他人の噂話が大嫌い
昔、痛い目にあったのかもしれません


あわよくば
このまま茶飲みへ持ち込み、
Bさんへの不満をぶちまけたいと
目論んでいた(だろう)Aさんは
呆気にとられたことでしょう


一部始終を見ていた拡声器Cさん
話を盛り土して広めてくれました
もちろん無償奉仕です


それがきっかけなのかどうか.....
ご近所中から「メンドクサイヒト」と
思われる存在になった母
茶飲みに誘われることはもうありません


母は今、大切な老後の時間を
誰にも邪魔されることなく
趣味の洋裁や大好きな家磨きや
現役中仕事に追われてできなかった
たくさんの物事に費やしています


こんな偏屈ババアを
頼もしく誇らしく愛おしく
眺める日々です