IMG_3414
ラッフルズで一番有名なのが
こちらのティフィンルーム
アフタヌーンティの時間には
予約客で超満員になります

2017年元旦の朝
閑散としたティフィンルーム
前夜のカウントダウン疲れで皆さん
まだベッドの中だったんでしょうね

8年前と大きく変わったこと
テーブル一面を覆っていた
純白のクロスが忽然と姿を消し
ランチョンマットに

コロニアルで優雅な雰囲気を
醸し出していたのは、
間違いなくあの純白のクロスだった

厚みのある上質なテーブルクロスは
グラスやカトラリを置いた時の
柔らかい音がたまらないですよね
ガシャンじゃなくてコツッと鈍い音!

高級ホテルといえども
朝食ではクロスをかけないのが
一般的なんでしょうけれど
だからこそ、ここはラッフルズなんだと
豊かな気持ちで満たされたものです


IMG_3413
あれこれ言いましたけれど、
昔はクロスに覆われて拝めなかった
ラッフルズオリジナルのテーブルを
直にこの目で愛でる機会が訪れた

と前向きに考えられるかどうかもまた
熟女たる者の踏み絵、かな



IMG_3334
好きな席についてメニューを広げ
温かいお料理と飲み物を選びます



IMG_3410
ホットミールが来る前にサラダを取って。
ビュッフェの種類は多くありません
※余談ですが私、日本語で話すのにバフェと言う人が
どうも気持ち悪いもんで、すみません

以前は、何も言わなくても
テーブルまでトーストしたてのパンを
持ってきてくれました

現在は自分で好きなように焼いて
お皿に乗せるスタイル
というか、今の方が普通ですよね



IMG_3337
このバター、最高に美味でした

ちなみに8年前はエシレ
私が初めてエシレを食べたのが
こちらだったと記憶してます



IMG_3338
馬鹿の一つ覚えとはまさにこのこと?
の、エッグベネディクト
だってホテルに泊まった時位しか
食べられないんだもん



IMG_3415
スパイシーな味付けのチーズオムレツ
具はサイコロ状のハムとかポテトとか

これも自宅では再現できそうもない
ターメリックパウダーとか
ぶっかけたら近くなるんだろうかw

生まれ変わったら
こういう外で食べて美味しかった味を
家で再現してくれるパートナーが欲しい
(男女問わず募集)

 
IMG_3339
毎朝食べたワッフルケーキ
思い出しただけで生唾

そういえば食器も変わって。
以前はロイヤルドルトン社の
ラッフルズオリジナルのものでした
ここでも8年という歳月を感じました






8年前、初めて訪れたラッフルズを
「壮大な無駄が織りなす優雅さ」
と書きました

時を経て、サービスの初期設定が
淘汰されている気がします

多種多様なゲストが増え
好みも習慣も、重きをおく場面も
ゲストの数だけある
(私のような、にわかエセ評論家も多い)
これまで通りでは人的にも難しくなった
ということかもしれません

一方、バトラーサービスも含め
こちらがお願いしたことはすべて
笑顔で快く、丁寧かつスピーディに対応

必要なもの、して欲しいことなど
ゲストのリクエストがまず第一にあって、
それに対して豊富な経験と
プロのノウハウと温かいホスト精神で
全力で応えるのが今のラッフルズ流
、、、でしょうか

ということで
マグロ熟女じゃダメよ(^_-)