IMG_3522
昨日今日の大雪で
お外は一面真っ白、雪景色

こんな日に人生の一大イベント
センター試験なるものに挑んだ若者たち

何の力にもなれないけれど
ゆくゆく君たちの負担を増やさないよう
まごわやさしい食事を徹底、
夜遊びとお酒はほどほどに、
過剰な医療を受けることは慎み、
どんな選挙も棄権などすることなく、
我が身相当の税金を納めてまいります



1989年1月
私は最後の共通一次試験世代

その日、私は
一番の仲良しだったMちゃんと
会場前で待ち合わせし
お互い心酔する官能小説の話でもして
緊張感をやわらげてから
試験に臨む約束でした

Mちゃんは国立理系のトップ集団
誰もが医学部合格を疑わない秀才

しかしながら試験の朝
いくら待ってもMちゃんは現れず....
突然の高熱でした

その年私は第一志望になんとか合格
浪人を決めたMちゃんは
「合格祝い」と称して
1万円もする広辞苑を持って現れました
来年の合格を誓うMちゃん 

ところが、翌年
Mちゃんまさかの不合格
直前の模試では余裕の合格圏内で
体調も万全だったというMちゃん
かける言葉も見つかりませんでした

私が大学にもすっかり慣れ
呆れるほどおちゃらけ学生と化していた
大学2年のおわり

Mちゃんは人生最初と思われる
強烈な屈辱を耐え抜き、
見えないいくつもの敵と戦い
当初志望の医学部に合格しました

その連絡がくるまで
Mちゃんをすっかり忘れていた私
情けないやら恥ずかしいやらで
純粋に祝ってあげられたのかどうか
記憶が曖昧です......




Mちゃんは今、どこで
どんなお医者さんになっているのかな
ものすごーく会いたいけれど
病院でバッタリなんてのは勘弁

今年の春もきっと
日本中のあちこちで
無数のドラマがあることでしょう
でも、それがドラマだったと気づくのは
ずっとずっと後かもしれません




突然の思い出話で
たいそう長くなりました

今日は、雪かきして
きなこと雪遊びして
3時のおやつにmyソウルフード
三万石のエキソンパイ

ようやく雪は止んだけれど
除雪がメチャクチャな福島市内
明日は仕事に行くまでが
えんやこらです